コース・施設
Course & Facility

コース紹介

昭和12年から始まった唐津ゴルフ倶楽部の歴史は長く、伝統ある優美なコースは今も尚、羨望の目を集めています。グリーンはゴルフ場の限定ん、ワングリーンバイオテクノロジーがサンドベントをいつも最良の状態に保っています。

ヤーデージ

太平山コース

ティー 1 2 3 4 5 6 7 8 9
バック  400  395  530  186  187  440  500  400  380  3,418 
レギュラー  375  370  510  160  175  380  480  385  368  3,203 
フロント  355  350  495  141  175  350  470  365  340  3,041 
PAR 36 
HDCP 11  17  13  15  -
ドラコン・ニアピン
推奨ホール
              -

馬場野コース

ティー 10 11 12 13 14 15 16 17 18
バック  380  360  310  350  560  195  572  155  410  3,292 
レギュラー  370  355  300  345  555  181  556  150  398  3,210 
フロント  370  350  284  345  500  170  548  150  365  3,082 
PAR 36 
ハンディキャップ 10  16  18  14  12  -
ドラコン・ニアピン
推奨ホール
              -

INコース→

OUTホール紹介

  • HOLE 1 375Y PAR4

    やや右へカーブしたフラットで広いフェアウェイのスターティングホール。右側のバンカーから大きく曲げると黒龍池がある。第1打の狙いはグリーン左端方向としたい。また左からの風の計算も大事。第2打は右ガードバンカーを避けて打ちたい。グリーンオーバーは禁物。

  • HOLE 2 370Y PAR4

    第1打はやや打ちおろし、左からの風は影響大である。左側はOB、右に砂浜があり第1打のフェアウェイキープが大事である。
    第2打はグリーンも大きく思い切って振りたい。
    グリーンは横に二段グリーンとなっている。

  • HOLE 3 510Y PAR5

    ティショットはゆるやかな打ちおろし、やや右にドッグレッグしている。右側には2番ホールとつながった砂浜が見える。
    第1打、第2打ともにフェアウェイ中央よりやや左側に打ちたい。第3打はグリーン手前にウォーターハザードがあり、見えにくので要注意。グリーンは少し受けているので、少々大きめに打つ。

  • HOLE 4 160Y PAR3

    大平山コース名勝の綺麗な池がある。
    水面を強調した池越えのショートホール。
    水際に映えるグリーンとその奥の岩肌の滝のコントラストが絶景である。ティグラウンドの造形に特長がある。
    クラブの選択を誤らないこと。

  • HOLE 5 175Y PAR3

    岩の美と自然林の美で表現。やや打ち上げのショートホール。左側のOBに注意し打ちたい。
    グリーンは三段グリーン。ピン上につけると難しい。

  • HOLE 6 380Y PAR4

    ミドルホールである。フェアウェイが広く思い切り振りたい。右のバンカーに注意しやや左側の方に打つ。
    第1アイピー付近まで歩いていくと黒龍池が見えてくる素晴らしい景観である。第2打は右ガードバンカーに注意。左花道から攻めたい。

  • HOLE 7 480Y PAR5

    距離はあまり無いロングホール。第1打左右のバンカーに注意。やや左側から攻める。飛ばし屋は2オンも狙える。
    フェアウェイのアンジュレーションとガードバンカーでコースを引き締めてある。
    グリーンは奥に長く受けている。アプローチは少し強めに。

  • HOLE 8 385Y PAR4

    ストレートなミドルホール。右バンカー、左OBと少しプレッシャーを感じるような第1打となろうか。
    第2打は少し打ち上げとなる。グリーン右側はOBの線が近い。グリーンは左に傾斜している。
    第2打刻み、第3打でグリーンを攻める方がよい。

  • HOLE 9 368Y PAR4

    第1アイピー付近から右へドッグレッグしている。
    攻め方としては、第1打は左右のバンカーに入れないように注意が必要である。特に右側のバンカーは入れないように中央より左寄りを狙うこと。第2打はグリーン右側に池が食い込んでおり、特に注意し、刻んで第3打勝負としたい。

OUTコース→

INホール紹介

  • HOLE 10 370Y PAR4

    ティーショットは打ちおろし、ストレートなホールである。第2打が少し打上げとなりグリーンの面が見えにくい。狙いとしては右バンカー左端としたい。グリーンは横に長く三段になっている。

  • HOLE 11 355Y PAR4

    ストレートな馬の背ホール。第1打はフェアウェイキープが大事。第2打はショート目に刻み第3打勝負としたい。フェアウェイからの唐津市街と天山山脈の眺望がすばらしい。

  • HOLE 12 300Y PAR4

    左にドッグレッグした谷越えのホール。第1打は力まずに打つ事。第2打は左右のバンカーに気をつけたい。グリーンが奥に長く要注意。

  • HOLE 13 345Y PAR4

    前のホールに続き谷越えのホール。
    第1打はティ前方の松の木越えとなるため要注意。
    第2打からのグリーン面が見えにくくグリーン手前のバンカーに注意。高い球で止めたい。

  • HOLE 14 555Y PAR5

    ロングホール。ティショットは打ちおろし。左側の白い杭が目に入るOBに注意したい。第2打も左のOBに気をつけ距離をかせぎたい。第3打はやや打ち上げとなるため1番手大きいクラブで打ちたい。グリーンは斜め奥に長く受けているのでピンポジションに注意。

  • HOLE 15 181Y PAR3

    打ちおろしのショートホール。
    左側はOB、右側は深い谷、ややショートめに攻めるのがポイント。風の吹く日は左方向からの風に要注意

  • HOLE 16 556Y PAR5

    長いロングホール。左第1アイピー付近にあるウォーターハザードに注意。第2打がかなり打ち上げとなる、まず山を越したい。第3打はグリーン手前が左傾斜になっているので右方向から攻めること。グリーンは三段グリーンで横に長い。グリーン奥はOBが近く注意。

  • HOLE 17 150Y PAR3

    唐津きっての名ショートホール。
    グリーン手前には大きなアリソンバンカーが口を開け周囲はバンカーで囲まれている。
    グリーンは横長なので止まる球で攻めたい

  • HOLE 18 398Y PAR4

    谷越え、池越えのホール。前方に目標のすばらしい松があり、その右側を狙って打つこと。グリーンが大きい為、第2打は思い切り打つ。アプローチの距離感が難しい。

クラブハウス

建築家、葉祥栄は「風と光と水」をテーマにクラブハウスを創造。
光を楽しむ半屋外の空間、自然をとり入れた屋根、
ここでは建物の中にさえ自然がある。

  • クラブハウス外観
    クラブハウス外観
  • エントランス
    エントランス
  • レストラン
    レストラン